作品 写真のみ!

福島県大熊町からきたメモリー

題名 福島県大熊町からきたメモリー
作者のコメント
(出会いのきっかけ)
震災から立ち入り禁止区域になった大熊町。 3月11日から約3ヶ月たって保護されました。 ねこひと会さんから 預かっています。 夫の食事中は膝の上で待っていたり、一緒に眠るような子が 3ヶ月口にできるものはなんでも食べて 孤独に耐えて 生きてきました。 腰の骨はいまだにガリガリです。 不安で毛繕いをし続けたのか、しっぽがはげています。 飼い主さんにもう一度会わせてあげたくて 目にとめていただけるよう、 その機会をいただきたくて 応募しました。
出会いの経路 愛護団体から
投稿者 ちゅう
投稿者HP
投稿日 2011年08月05日
応募部門 いのちつないだニャンコ
作品ID 1173

投票は、2011年09月01日で終了致しました。
たくさんのご投票ありがとうございました。

コメント

  • ちゅう 2011年08月09日16:02
    はろうきち様

    ありがとうございます。

    体調は万全とはいわないまでも うちに来た時よりはずいぶんと家の中の猫になってきた気がします。

    ・・・ 続きを見る
  • ちゅう 2011年08月08日14:41
    コンテスト事務局様

    ブログに取り上げていただき ありがとうございます。

    どうやったら飼い主さんの目に留まるのか
    そればかりを考えており・・・ 続きを見る
  • はろうきち 2011年08月08日17:51
    ちゅうさんのブログのお写真を拝見すると、
    メモリーちゃんのこういう表情を、
    飼い主さんはいつも見ていたんだろうなあ、と推測。

    出来ることな・・・ 続きを見る
  • コンテスト事務局 2011年08月07日22:34
    3.11のあの日から、大きな悲しみは人間だけでなくたくさんの動物たちにも、降りかかってきました。離れ離れになってしまったペットとの再会に、少しでもお・・・ 続きを見る
  • ちゅう 2011年08月07日22:10
    冷蔵庫をあけるときは 一緒にのび~をしてのぞきます。

    大事に家族として暮らしてきた子だと
    日を重ねるごとに感じます。


    大熊町では津・・・ 続きを見る