作品を見て!

題名 雷雨の後に
作者のコメント
(出会いのきっかけ)
いつもご飯を食べにきていた猫が子猫を生んだことを知っていました。ある日の夕方、雷雨になりそうだったので母猫に”今夜は夕立がくるから家に子猫を連れて来てね”と言いました。雨に濡れないように小屋を用意しておいたら翌朝になると子猫を四匹連れて来ていました。その中の一匹が両目が見えなかったので家の子にしました。 家にはシュナウザーの女の子がいましたが、子猫のユイちゃんにおっぱいをあげて育ててくれました。出産の経験のないナイちゃんも命を繋ぐのに必死だったと思います。
出会いの経路 地域猫
投稿者 sora
投稿者HP
投稿日 2011年07月16日
応募部門 いのちつないだニャンコ
作品ID 833

投票は、2011年09月01日で終了致しました。
たくさんのご投票ありがとうございました。

コメント

  • コンテスト事務局 2011年07月17日07:09
    ナイちゃん、sora様、いのち繋いでいただいて本当にありがとうございました♪。こんなにステキな画像を見させていただいて、コンテスト開催して本当によか・・・ 続きを見る